FC2ブログ

徐々に評価損が減ってきている、これは損切りすべきなのか、それともプラスに変わるまで待つべきか、材料が出るまで待つべきか、色々な考えがめぐる日でした。
私の結果はまだ持つという考えに至りました。
なかなか、うまくいかないものだなと思います。

本日も取引状況を見ておりました!
資産がなくても、相場の流れを把握するために、売買をしなくても見る努力をしているのですが、身になっているかはわかりません。
今日は朝注目していた、セーラー万年筆とJFLAを見ておりました。二つとも上がっておりましたね。これは企業成績を評価して上がっているのか仕手なのか私には見当もつきません。
歩み値を見ていると大きな買いが入っているので、明日の相場も期待といいたいですが。。。
大口さんが買ってたら一円抜きも考えられるので難しいです。

というか、歩み値なんて意味があるのか最近思います。

ギリシャの問題が少し解決されました!そのおかげで本日の日経平均は上がりましたね。
しかし、まだ本当の解決ではありません。そして中国の問題の方が大きな問題だと思っているので、これからどうなるのか心配だと思います。
本日の評価損も6300円でした。早く何か変わることが起きてくれることを祈る一方です。

本日は先週と違い、日経平均は上がりましたね。先週下がりきったと判断し、安いと思って海外投資家が買ったのかな~と思いました。ギリシャ、中国の二つに関してはまだまだどうなるかわからないので、個人的にはまたすぐに下落するんじゃないかと思っています。
私が買った、株は何も変動なし・・・
評価損は6300円。もう二週間以上保有しています。短期売買をしていかなければ3万円を一年でどれだけ増やせるかというチャレンジも無駄に終わりそうです。(笑)

株価の下落はいつまで続くのか、今週中で終わるのか、よくみて勉強していきたい。

引用
NISAの誇大広告と注意点
NISA(少額投資非課税制度)とは、マル優の株式版の様なものですね。
マル優(少額貯蓄非課税制度)は遺族年金手帳や児童扶養手帳の保有者など一部のみが対象であるのに対し、NISAでは全国民が対象です。
 この背景には2003年から5年間を限度に行なわれた株式譲渡益に関わる税率を
20%から10%に軽減させる政策が終了したことに伴う物であり、
ある種「貯蓄から投資へ」の流れを汲むものとも言えるでしょう。
NISAというと証券会社で株式を買い付けるイメージがありますが、
銀行でNISA口座を開設し、投資信託を購入することも可能です。
「最大500万円まで非課税!」
NISAで検索するとこの様な言葉が並んでいますね。
まるで500万円分税金が取られない様に感じる一文ですが実情としては
・1年につき100万円分の株式や投資信託の買付が可能
・100万円分の枠は5年間有効である
・1年目~5年目で毎年100万円ずつ買付をし、
 1年目~4年目の買付分を売却することなくに5年目に達した時点で、
 100万円×5年分の枠=500万円が非課税対象となる
・・・随分と限定的な状況ですよね。
これを最大500万円と謳うのは少々苦しい様に感じます。
そもそも100万円分の税金を免除してくれるわけではありません。
100万円分買付をした株式についての譲渡益の税金を免除する訳です。
100万円のものを101万円で売却したら、
10,000×20.315%=2,031円の税金が免除という感じですね。
 また、NISAの注意点としては税金が課されないことですね。
これはNISAの優位点である事は確かですが、逆に問題点とも成り得ます。
株式に利用する口座で、自身で確定申告が必要な一般口座であれば別ですが、
毎度の譲渡損益について課税され確定申告が不要な特定口座の人が多いです。
その為、売却した際利益が出たら課税される訳です。
損失については既に課税されていたら還付金を受けられ、
利益を出していない場合は後の利益について損失×税率が免除されます。
損失は3年間繰り延べることが可能です。 ではNISAはどうかというと、利益も非課税ですが損失も非課税です。
損失についても還付など受けられません。
ある種、利益を必ず出さなければ全く意味が無くかえって損である訳ですね。
 NISA口座の株式は特定口座へ移すことは出来ます。
できるのですが取得単価は口座へ移した時点となります。
つまり損益プラスマイナスゼロ扱いになる訳で、無意味ですね。
むしろその株式が上昇しなおした時にかえって税金を取られるハメになります。
例えば、100万円の株式をNISA枠で買付し、50万円になりました。
特定口座へ移すとその時点での評価なので50万円で株式買付扱いとなります。
そうすると、その株式が60万円まで戻して売却した場合、
60万-50万=10万が譲渡益となり、20,310円の税金が課されることに。
NISA枠は最大5年間ではありますが、6年目の100万円分の枠を利用することで精算することなく利用する事は出来ます。
 どちらにせよ、これらの説明や認知が全くされていない様に感じます。
実際、取り敢えずと作ったからか口座数は800万数に上ったようですが、
その半数以上が休眠状態であると言われています。
日本では海外の様に口座維持手数料が発生する証券会社が少ない為、そういう意味では被害は無いでしょうけれど、制度の理解不足である証左かと思われます。
 勉強し、理解をすれば便利であるNISA制度。
お金に余裕がある人間であれば、ハイリスクな株式に100万円ドブに捨てる覚悟で買付をし、上手く30%40%上昇したところを売る・・・下がっても放っておく。
投資信託を100万円分買い付けて投資会社に委ねる。
そもそも5万円や10万円など資金が少額でも始めたいのであればNISA枠は買付も売却も手数料無料であるところが多いので損益割り切って初めてみる。
(松井証券で口座作れって話ですが)
・・・後は何でしょうね。なかなか利用するのが難しい制度であります。
 ちなみにNISA枠では
住友化学(4005)を1000株買付し、譲渡益が26,450円。
5,377円の税金が非課税となりました。残り枠25万円程度・・・。
もっと10万円とか目指す人もいるんでしょうが、私には充分です。

引用
株主優待 タダ取りについて
 今回は株主優待がほぼタダで手に入る「タダ取り」について紹介します。
まず株主優待ですが、株主「権利確定日」の1日間保有すると優待制度を採用している上場会社から権利を得ることが出来ます。配当金を分配している会社についてはそれも貰えます。
逆に言えば100日持っていようともその確定日前日に売ってしまっては貰えない訳ですね。
ところでこの「権利確定日」なのですが、翌日には「権利落ち日」と呼ばれ権利が確定し売却しても差支えが無い為株価が暴落する事が非常に多いです。
(無配当、株主優待制度無しの会社であればそこまで下がりませんが…)
その暴落というのは、優待制度+配当金以上になる事もザラな訳ですね。
そこで今回、手数料分の負担だけで株主優待を得る方法が活用できるわけです。
手順としては
①権利確定日の取引開始時間前(9時前)に
 ・優待に必要な株数 成行買付
 ・優待に必要な株数 成行”信用売り”
この2つを両方とも注文します。
この際注意したいのが、信用売りの種類です。
信用売りには「一般信用取引」と「制度信用取引」があるのですが
それぞれ証券会社相手、日本証券金融(日証金)相手に株券を借りる訳です。
一般信用取引の方が借りる金利は高いのですが、
日証金の方は株式が足りなくなると逆日歩という高額な手数料取られる為、
必ず一般信用取引での空売りで行なってください。
②翌日の権利落ち日に
現渡を行ない株式ポジションを解消します
この現渡とは信用売りによって証券会社へ返さなければならない株式を市場から買戻しするのではなく持参株で渡す方法です。
このいい所は、手数料がかからない点です。
ここで一つ例を挙げてみようと思います。
1000株で5,000円分の商品券と2,000円分の自社商品が貰える株式を想定します
①権利確定日 株価は500円で9時に寄り付きました
1000×500=500,000+手数料293=500,293円 買付
1000×500=500,000+手数料293=500,293円 信用売り
②権利落ち日 株価は暴落し450円になりました
買付株・・・1000×450-500,293=50,293円のマイナスです
信用株・・・-1000×450+500,293=50,293円のプラスです
信用株利息 年2.0%が確定日、落ち日の2日分掛かります。
1000×500×0.2÷365+1000×450×0.2÷365=520円
これを現渡しで償却するので、
買付株 1000株→0株/信用株 -1000株→0株
トータル経費
買付手数料293円
信用手数料293円
信用株利息520円=1,106円
1,106円で株主優待(5,000円分の商品券と2,000円分の自社商品)をGetです!
※もし配当金があった場合ですが、
信用売りをして証券会社から株を借りている場合本来証券会社が受け取るべき配当金権利が行使されない関係で、配当相当分が徴収されます。
その代り、買付している株式については当然に配当金が同額入って来ます。
その為、こちらもプラスマイナスゼロな訳ですね。
あくまでも利潤は株主優待の権利です。
プロフィール

t.t

Author:t.t
これから将来に向けて頑張ろうとしている27歳!株やお金のことを勉強するために
仕事を辞めた、愚か者です。(フリーター)資産3万円をいくらまで増やせるのか、
やってるものです。
みなさんの考えなどが励みになるのでよろしくお願いします。株初心者です。
FXも始めました!
トータル損益
2016/7/19 手数料を考慮して46万5012円の損失。
2017/3/1 約85万の損失
2017/12/21 約150万の損失
2018/12/22 約190万円の損失
2019/5/16 約230万円の損失
2019/12/31 約300万円の損失
5年間でこれだけ負けてます!
負けているからこそ皆様に実態を教えたいです!!!

最新記事
訪問客
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア